在宅秘書 秘書経験 収入

プロフィール

Mihoko Nagata for profile



秘書育成コンサルタント 元外資系企業秘書

永田 美保子(Mihoko Nagata) 

プロフィール仕事編

詳しいプロフィール子供時代から今まで編

プロフィール仕事と介護の両立編

  

6日間のメールマガジンはこちらから!

コラム目次一覧

コラム目次一覧はこちらです!



第1章:在宅秘書と一般の秘書の違い

第2章:在宅秘書を始めるにあたって

第3章:実際に仕事を始めるための知識

第4章:準備編 在宅で仕事をするために用意するもの

第5章:スキルアップしたいとき・困った時には

第6章:自分に合った在宅業務とは?

第7章:業務内容別・仕事の選び方

第8章:在宅秘書からさらに進んでキャリアを考えたとき

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


第3章 第1回:在宅秘書の仕事について最低限知っておくべきこと

 

こんにちは、

永田美保子です。

 

第3章では、実際に仕事を始めるための知識として、

仕組みの部分についてお話してゆきたいと思います。

 

在宅秘書としてお仕事をする場合

最低限知っておくこと。

 

まずは、雇用形態を良く理解しておくことです。

アルバイトとも違う、直接雇用の契約をすることと

なります。

 

上司としてのクライアントさんの仕事を

お手伝いするわけですが、

多くの場合は、企業の秘書とは違い、その方の

所属・経営する会社に属するわけではないという点です。

 

ですので、立場としては以下のいずれかに当てはまるかと思います。

 

・個人で雇用契約をもとに行う。

 

・個人事業主として雇用契約をもとに行う。

 

・会社を立ち上げて、法人として契約によって業務を行う。

 

ちなみに、派遣会社に登録して派遣先のお仕事をする場合は

こういった手続きをすべて派遣会社が行ってくれる代わりに

一定の金額を派遣会社が得ているというわけです。

 

ですから、在宅秘書という働き方では

上司は名実ともに「お客様」になります。

会社員の感覚だと、社外のお客様、取引先の方ですね。

 

その点を心にとめておくと、仕事がしやすいと思います。

とはいえ、必要以上に緊張することなく、フレンドリー

に接することも大切。

 

次回は、雇用形態についてもうすこし細かい内容をお伝えします。

 

 

<在宅秘書講座について>

 

こちら 「在宅秘書ガイド内で詳しくご案内しています。

 

講座でお会いできるのを楽しみにしています

 

 

☆6日間連続メールマガジンのご案内☆

 

在宅秘書としての働き方のヒント、

すぐに役立つ情報がギュッと詰まった

メールマガジン・6日間ミニ講座も ご覧いただけますと嬉しいです(無料です)

 

メールマガジンご購読はこちらからどうぞ!

内容は、在宅秘書業務に関する役立つ情報 仕事をするときに光る、ちょっとした工夫 自宅からでも楽しく秘書業務をするためのコツ ベテラン直伝!とっておきのコミュニケーション術 困ったときの秘策あれこれ

 

など、すぐに役立つ情報がいっぱいの メールマガジンです。

 

6日間連続で、毎朝8時に私からのメールマガジンが届きます (途中での解約も自由ですのでお気軽にどうぞ)

 

メールマガジンご購読はこちらからどうぞ!

 

 

 

<Mihokoのお勧め オンライン英会話編>

オンライン英会話のお勧めはこちら。

かつてここの運営会社が経営する英会話スクールで講師をしていた際、研修がしっかりしているなと思っていたのでお勧めします。一回当たりの費用もだいぶ抑えられます。

 

1回25分のオンライン英会話レッスン

 

英会話大手「NOVA」が監修のカリキュラムを採用。 8段階のレベルに分かれているので、初めての方から上級者の方まで ご自身にあったレベルのレッスンを受講できます。

 

 

↓ 詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

女性講師によるきめ細やかなレッスン。

 

 

 

 

こちらはご参考に 「ママワークス」





コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: